協会について

歴史

イメージ01

日本の古武道は自分の身を守る「護身術・闘争術」

日本の古武道は、平安末期から鎌倉時代、室町期にかけて、自分の身を守る「護身術・闘争術」として生まれました。その後、徒手によるものは柔術を中心に、武器を用いるものは剣術を中心に発達し、武術隆盛の江戸末期には、各藩内のみに秘伝された「御留流」を中心に、弓術五十二、剣術七百十八、槍術百四十八、柔術百七十九もの流派があったと伝えられています。

 明治期以降は、廃刀令が出されて武士階級が崩壊し、新政府が近代的な軍制を採用したこともあり、伝承の危機に瀕しました。そんな時代の変革期にあっても、歴史と伝統に支えられた気概のある流派は努力研鑽を重ね、混乱の昭和期をも乗り越えて、今日までその道統を守り、古武道の技と心を伝えてきました。

 そんな中、昭和五十三年(一九七八)二月十九日に日本武道館で第一回全日本古武道演武大会が開催されることとなりました。これに前後して、多くの関係者から古武道に関する中央機関設立の声が高まり、それを受けて財団法人日本武道館が中心となり、古武道各流派の代表者に有識者を交えて協議機関を設置し、昭和五十四年(一九七九)二月十七日、古武道関係者の長年の夢であった古武道全国統括機関「日本古武道協会」が誕生しました。

設立趣意

 古武道が、現行武道の母体であることは論をまたない。現下、世界に拡がる武道振興の波の中にあって、古武道の心技は、世界に類を見ない、日本固有の貴重な国技として高い評価を得ている。

 古武道は、東洋哲学並びに、わが国肇国以来の神道思潮、国学思想とも深い関わりを保ちつつ、日本民族の啓発、開明に多大の寄与を続けてきた。また、古武道の伝統は、現行武道に伝承され、今や世界的な関心の対象となっている。このような趨勢にもかかわらず、古武道の統轄機関が存在しないため、各流派の交流、演武の公開、保存振興の具体的措置、学術的研究、伝承者の養成研修、生涯教育への積極的参加など、数多くの目標を必須のものとしながら、期待する成果を得られぬままにある。

 急激かつ深刻な社会的変革が現下世界の風潮となっており、この中にあって、日本国民もまた、目指すべき信條の指標に迷い、特に青少年の精神的荒廃と体力、気力の衰退が憂慮される折柄、この古武道精神と技法の保存振興こそは、現行武道の振起と相応じて、ひろく国民教育に寄与するところ多大なものがあることを確信する。

 ここに古武道の統轄機関を設置し、国民の期待と支持のもとに、関連諸機関、諸団体の援助と連繋を得て、所期の目標達成に一丸となって邁進せんとするものである。

設立発起世話人 石田 一郎 設立発起世話人 清野 武治
石田 和外 工藤 雷介
今村 嘉雄 小沢  武
植芝吉祥丸 小谷 澄之
江里口栄一 竹内 善徳
老松 信一 富木 謙治
大島  功 仁藤 正俊
大森 曹玄 早川  勝
小笠原清信 古川 鉄美
加藤 武徳 細川 熊蔵
加納 武彦 山川岩之助
(順不同)

昭和五十四年二月

設立趣意

 本協会では、設立以来、古武道の保存振興を目的に、日本古武道演武大会・古武道記録映画製作・古武道功労者表彰・刊行物発行などの事業を行っています。

●日本古武道演武大会 ●日本古武道術向上演武大会
●その他国内大会 ●国際交流事業