甲源一刀流剣術

 第二十七代宗家

逸見知夫治

〒368-0201

埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄167

■ 電話(0494) 79-0779

  逸見知夫治

由来

 当流は、甲斐源氏の流れを汲む逸見太四郎義年が、安永五年(一七七六)、家伝の兵法に一刀流の剣技を取り入れ、さらに創意工夫を加えて新たに創造した剣術である。「甲源」とは、甲斐源氏にちなんで名付けた名称である。  全盛時代は、江戸中期末から明治後期に至る百余年間で、「武州小沢口に甲源一刀流あり」と世に広く知られ、門人は北海道から鹿児島にまで及んだ。

系譜

流儀の特徴

 本流派の特徴の一つは、「夫レ剣術ハ心術ナリ」と心の修業の大切さを強く説いた点であろう。なお、当流の真髄は、奥伝に書かれている「獅子飜躑」である。

伝承されている伝書

 

一 初目録(前文・形名、心歩車刀)
一 中目録(鋒露離剣、祖相剣無相剣)
一 奥 伝(獅子飜躑、剣術者の心得)

活動状況

平成二十年二月十日 第三十五回小鹿野町少年剣道大会演武、平成二十年四月十九日 小鹿神社春まつり奉納演武、平成二十年六月一日 第六回甲源一刀流顕彰剣道大会演武

●稽古場及び支部
 ▽耀武館 宗家の住所と同じ
●文化財指定
 ▽練武道場 昭和十八年二月 埼玉県指定
 ▽神文書 昭和四十九年六月 小鹿野町指定
 ▽愛作寿碑 右同
 ▽当流の形
 昭和五十四年三月 小鹿野町指定
流祖の建てた武館道場流祖の建てた武館道場 長瀞町の宝登山神社奉額長瀞町の宝登山神社奉額 当流の形(霞隠)当流の形(霞隠)