神道夢想流杖術

 代表

波止 成徳

〒822-0133

福岡県宮若市脇田498

■ 電話(0949)54-0380

  波止 成徳

由来

 流祖・夢想権之助藤吉は、天真正統神道流六代、桜井大隈守吉勝の門に入り、香取神道流の奥義を極め、その免許をうけ、さらに鹿島直心影流の極意を授かった。その後、流祖は、諸国を遍歴、艱難辛苦の武者修行に入り、筑前の国に至る。
 筑前太宰府天満宮の神域に連なる霊峰宝満山竈門神社に祈願参籠し、至誠神道満願の夜、童子が現れ、丸木をもって水月を知れ、との御神託を得て三尺二寸の刀に一尺の柄に一分を長くし、四尺二寸一分、直径を八分として樫の丸木を作り、槍、薙刀、太刀の特徴を入れ、御神託と剣によって得た真理と実戦を体し、ここに杖術を編み出した。
 以後、流祖はこれを黒田藩士に伝え、藩外不出の武術として栄え、歴代師範家に継承され、現在に至っている。

系譜

流祖 夢想権之助藤吉
二代 小首孫左衛門吉重
三代 松崎金右衛門重勝
二十三代 吉村半次郎
二十四代 白石範次郎重明
二十五代 清水隆次克泰
二十六代 乙藤市蔵勝法

流儀の特徴

杖術は突き、払い、打ちの攻撃を技とするが、左右両技を等しく使うのが大きな特徴である。これらの左右両技を連続的に使い、自分の手足の如く操作し、相手の動きに応じて体を捌き、武器を打ち落とすことができる。

伝承されている伝書

 奥入、初目録、後目録、免許

活動状況

九州各県、愛媛県、岡山県、大阪府、兵庫県、愛知県、東京都、東北各県、北海道に十名余の免許者が広く指導。海外にもある。

●稽古場所および支部
▽福岡本部  (代表)波止成徳
 〒822-0133 福岡県宮若市脇田498
 電話(0949)54-0380
▽東京支部  (代表)小野景久
 〒399-0601 長野県上伊那郡辰野町大字小野985
 電話(0266)46-2001
▽大阪支部  (代表)近藤真佐雄
 〒581-0037 兵庫県八尾市太田6-146
 電話(0729)49-8957
▽北海道支部  (代表)安丸 進
 〒003-0811 北海道札幌市白石区菊水上町一条1-46、 有信ハイツ一号
 電話(090)7644-0748
▽名古屋支部  (代表)佐々木 繁
 〒462-0035 名古屋市北区大野町1-1-3-4-208
 電話(052)911-5282
●文化財指定 なし
夢想権之助神社夢想権之助神社 中段  横切留中段 横切留